リレンザやキャッツクローの効果とエボラはどうか

インフルエンザは毎年流行があるので、1月や2月ごろに向けてウイルスに感染しにくいカラダをつくっておくこともたいせつです。そのためには基本的に規則正しい食生活や十分な睡眠が必要ですが、ほかにもキャッツクローなどのサプリメントを取り入れるのも良いでしょう。キャッツクローとは、南米ペルーに生息している植物のことですが、昔から現地の人をはじめとしてたくさんの人から愛用されてきたハーブなのでその効果も確かなものがあるのだと分かりますし、サプリメントという形状になっていることからいそがしい人でも手軽に毎日の生活のなかでインフルエンザ対策をすることができます。
もちろん日ごろからキャッツクローを摂取して健康的案カラダづくりをしていたとしても、インフルエンザウイルスに感染してしまうこともありますが、インフルエンザならば抗インフルエンザ薬という治療薬があるので、感染が広がらないように症状を落ち着かせてパンデミックをせき止めることも可能です。しかし世界にはエボラ出血熱のような病気もあり、エボラは未だ確固たる治療薬が開発されておらず、有効な治療薬があると実験でわかったとしてもすべての患者さんに行きわたるような備蓄も確保することができていません。
エボラはそういった意味でほんとうに怖い病気ですが、インフルエンザウイルスは感染力が強いもののエボラはほとんど治療法がないのに比べ、リレンザやタミフルがあるので治療を受けられますし、リレンザやタミフルを予防接種のように感染予防対策として使用することもできます。
またエボラは実験段階のお薬ばかりなのに対し、リレンザは臨床試験も終え安全性も保障されたお薬なので安心して飲めます。