複数の機能の付いた空気乾燥器と吸入タイプのリレンザ

インフルエンザに感染しないようにするためには、主要な感染のプロセスを理解しておき、ウイルス感染を防ぐ事が必要です。
インフルエンザの場合は、保菌者の唾液などに含まれるウイルスが口腔内なら侵入し、感染するパターンが多く見られます。また、咳などに含まれるウイルスが付着したものに触り、そのウイルスが粘膜に接触して感染してしまう症例も目立っているのです。更に、空気中の細菌を呼吸により吸い込む感染経路は、インフルエンザにも大変多く見られるもので、しっかりと対策を練らなければならない感染経路として挙げられます。
この空気感染を防ぐには、ただの空気乾燥器ではなく、加湿機能の付いた空気清浄機が効果的です。空気乾燥器は室内の湿度を下げるので、ウイルスが空気中に浮遊しやすい環境を作ってしまう可能性があります。そのため、空気乾燥器ではなく、ウイルスに室内の湿度をまとわりつかせる事が出来る加湿器が理想的です。
また、万が一インフルエンザにかかってしまった際には、インフルエンザの薬が有効です。とりわけ、専用の吸入器を用いるリレンザは効果が高く、インフルエンザへの感染後の四十八時間以内ならば、ウイルスの増殖を効果的に抑える事が可能とされます。
また、ウイルスはのどの粘膜から侵入しやすいという特性が見られ、ウイルスが一定数まで増殖することで、インフルエンザに固有の症状があらわれます。
リレンザはインフルエンザのウイルスの増殖を抑えるため、薬を気道の粘膜から上手く吸入させるもので、この吸入によりウイルスの活性化を上手くコントロールする事が可能です。
リレンザは症状か重症化しやすいタイプのウイルスや、毎年流行しやすい型のウイルスなど、幅広いタイプのウイルスに効果がある事が知られており、インフルエンザの症状を緩和する事も可能な予防薬としても使用されています。